26 12月

キャッシング審査と信用履歴

本人の収入審査と並んでキャッシング審査の柱となるのが、信用履歴の調査です。収入や職業、借入残高に問題がないのに審査に落ちてしまうのは信用履歴に原因があるからです。

プロミスの審査はこちら

信用履歴とはキャッシング利用に関わる個人情報です。銀行、信販会社、消費者金融の各業界にひとつずつ信用履歴を取り扱う団体、会社が設立されており、加盟する銀行、クレジット会社、キャッシング会社から利用客の情報を集めています。加盟する銀行や会社は情報を流すだけでなく、自由に信用履歴を参照することが可能です。信用履歴を調べることで、過去に債務整理をしたり、長期の延滞を理由に契約を解除されたといった出来事は、他社であっても簡単に把握できてしまうのです。

信用履歴には保持期限がある
ただし、この信用履歴は個人情報なので、取り扱いは厳格であり、必要のない情報はできる限り消去するように取り決められています。キャッシングに申し込んだという情報は半年、長期の延滞や契約解除、債務整理といった情報も5年経てば消えます。銀行からの融資に関してのみ、自己破産や個人再生といった重大な事故情報は10年残りますが、基本的に時間が経てば信用履歴の情報は消去されるので、待っていればふたたびキャッシングを利用できるようになります。